GRANTのカウンセリング/コーチング/コンサルティングとは…

 ほかとは違う3つの要素 

トラウマや育成歴これまで影響を受けた環境、潜在的な過去の問題について今現在の暮らしや取り組みに影響を及ぼし上手く自分を生きられない、またはその経験を乗り越えられず自分を肯定することもできず自分の価値を感じる能力が失われていたり、ついつい自分や他人を否定したりしてしまう。鬱的な思考パターンから逃れられない。〜すべき、〜でなければいけないなど狭い枠から抜け出すことができない。

過去の問題が影響を及ぼしている可能性のような場合、必要なのがカウンセリングです。(親子問題、結婚生活、人間関係、ポジティブな思考になれないなど)目的、結論は持たず、過去の記憶や感情を元に、本来の 自分に気づくためのサポート。
それとは違い、あなたが今解消すべきこと変化させたいこと、日常での解決したい課題や目的や目標を自分自身の力で自発的に達成させるためのサポートがコーチングです。あなたがハンドルを握り到着したい場所(目標目的)を決め、助手席でコーチがどの道でいくと良いのか又あなたが1番走りやすい道はどこなのか、そのためにはどうすればよいのか今のあなたに1番よい方法や景色や気づかない道をナビゲートします。
さらにはコンサルティングで目標達成するための具体的な知恵や方法で問題や課題を解決に導きます。

この3つの要素を取り入れていることがほかとは違うGRANTの特徴でもあります。
カウンセリングとコーチング、コンサルティングそれぞれ大切な役割があります。GRANTのサポートは必要なタイミングで3つの要素を取り入れながら進みます。目的達成するために進みながら途中壁にぶつかる原因となる過去の問題も向き合う必要なタイミングに振り返り解消、そしてまた進むというように無理をしない効率のよい流れをつくります。
カウンセリングとコーチングどちらも大切なのは自己理解と自己信頼です。自分の本質をしっかり理解して信頼を持ち、頼りになる自分を引き出し、迷いのない自分の意思で運転する生き方ができるよう私たちは、あなたが選択したい目標を設定し迷わぬよう隣で
道案内をします。
 

 

 

 

 

離婚プロフェッショナルアドバイザーがいるサロン

離婚問題は今では珍しいことではありませんが、だからといって気軽に話せることでもないのが現実です。
離婚は、する決断に至っても、思いとどまり継続するにしても、共通して言えることは
どちらも自分にとって大切なのは幸せになる選択をしなくてはいけないということです。

離婚をなぜしたいのか?
離婚をする必要があるのか?どうか?
離婚したらどうなるのか?
離婚をしないとどうなってしまうのか?
・・・。


気づかなくてはいけないことがたくさんあります。


離婚を考えたらまずは離婚プロフェッショナルアドバイザーがいる
GRANT にご相談ください

自分にとって幸せって離婚?
それともやり直すこと?
カウンセラーと弁護士なにが違うの?


弁護士に相談すると離婚に向けての作業がどんどん進みます。
当然メンタルケアもありません。
離婚問題はとても辛い作業です。
精神的にもかなり大変で苦痛も伴うものです。
ですから、充分なメンタルケアが不可欠です。
カウンセラーはメンタルケアの専門家でもあるのでしっかりサポートが受けられます。
弁護士に相談すると離婚以外の選択肢もなくなります。
カウンセラーに相談すると自分の中に迷いはがあれば回避できます。
考え直すことができます。
カウンセラーと本当の気持ちを探りながら進むことができます。

お友達や身内に相談したら駄目なの?

たとえば、離婚経験のあるお友達に相談して興奮した気持ちのまま勢いで離婚して
しまったり…身内に相談して世間体など大人の顔が優先されて本人の苦しみの解決
にはならず結果ガマンを強いられることになったり…ということがないように、「離婚」の
文字が頭に浮かんだ時には、まず離婚プロフェッショナルアドバイザーにご相談ください。

プロのアドバイザーが対応すると?

どのように向かって良いのか見失いそうになっている相談者に、知識と情報を持ちメンタル面においてもしっかりサポートし実践的なアドバイスをします。